知床ネイチャーキャンパス2018

知床ネイチャーキャンパス2018を開催しました!

2018年9月19日(水)~ 21日(金)

会場:ホテル知床(北海道斜里郡斜里町ウトロ香川37)
実習フィールド斜里町及び羅臼町の世界自然遺産地域と周辺

世界遺産知床は、野生生物の科学的保護管理 の先進地です。「知床ネイチャーキャンパス」は、この地を舞台に、この分野の第一線で活躍する大学教授らが講師を務め、講義、野外実習、グループワークなどを体験する教育プログラムです。3回目の開催となる2018年は、地域産業(漁業、観光業、農林業)と野生生物との共存がテーマです。

募集チラシはこちら

※知床ネイチャーキャンパス2018は9月22日朝に予定通り終了いたしました。受講生の皆様お疲れさまでした。講師・TAの皆様ありがとうございました。講義や実習の様子はニュースレター第16号、及びフォトギャラリーをご覧下さい。

わたしたちがめざすこと

1
野生生物との共存とは?

こんなときどうしたらいいの?・・・問題解決は容易ではありません   こ ...

2
なぜ知床なの?

知床は過去の経験、さまざまな研究の蓄積があり、 現在進行形で多くの課題に向き合っ ...

3
どんな形の教育機関なの?

知床をフィールドとした、全く新しい構想の高等教育機関の開設を目指します。 大切な ...