公益財団法人知床自然大学院大学設立財団とは

 
 現在、貴重な自然環境や生態系、生物多様性を後世に伝えていくことの重要性が一般に認識されています。一方でクマの生活圏への出没、シカやイノ シシによる農林業被害、外来種による生態系への影響拡大などが緊急の課題となっています。これらの問題を解決し、あるべき自然と人間社会の関係を実現する 研究と人材養成が求められています。

 世界自然遺産・知床は、行政、地域住民、研究者、企業・団体の関係者が、貴重な自然 環境に対する研究や保全対策に手を携えて取り組んできた実績と経験が蓄積された地域です。これらの蓄積は、同様の課題を抱える日本や世界各地の共通資産と してシェ アすべ きだと考えます。

 「知床自然大学院大学(仮称)」の設立構想はこのような問題意識から発案されました。しかし、日本の端の小さな町が独自に大学や大学院を設立する には、財政などさまざま な困難があります。町による設立検討という当初の発議から、20年以上にわたる議論を経て、資金を集め設立準備を進めるための財団法人をつくり、構想の実 現を図る、という計画を持つに至りました。

 資金のない民間有志が大学や大学院を設立した事例は、日本では見当たりません。どうぞ、私どものこうした壮大な計画に対してご理解を賜り、この財 団の活動をご支援いただくよう、切にお願い申し上げます。


知床自然大学院大学設立財団の目的(定款第3条)


この法人は、自然生態系の保全が人類生存の前提になっている現実を見据え、知床に、野生生物と人間社会との間に生じた様々な問題解決と共生の ための新しい思想・技術を創出しその実践を担う専門家や研究者を育成する大学院に相当する高等教育研究機関(以下、「知床自然大学院大学」という)を、設 立・設置・誘致することに寄与することを目的とする。


知床自然大学院大学設立財団が行う事業(定款第4条)


(1)知床自然大学院大学を開設する学校法人の設立の準備、及び知床自然大学院大学の設置・誘致の準備をする事業
(2)知床自然大学院大学が必要であることを広く世の中に訴えて賛同者を募る広報事業、およびそのための調査研究事業
(3)その他、この法人の目的を達成するために必要な事業

What'sNew

2016/04/11
ニュースレター第8号をアップしました
2015/12/15
ニュースレター第7号をアップしました
2015/10/14
東京で講演会「野生生物保護管理の最新潮流〜IWMC2015から見えてきたもの〜」を開催します
2015/08/17
ニュースレター第6号をアップしました
2015/04/22
ニュースレター第5号をアップしました
2015/03/03
斜里で講演会「地域資源を生かしたまちづくり・人づくり」を開催します
2015/01/05
ニュースレター第4号をアップしました
2014/10/14
札幌で「ワイルドライフマネジメントフォーラム」を開催します
2014/10/01
「オンライン寄付サイト GiveOne」に参加しました!
2014/09/25
ニュースレター第3号をアップしました
2014/09/13
知床自然大学院大学設立財団ブログを始めました
2014/09/01
賛助会員申込書をアップしました
2014/06/16
役員体制について更新しました
2014/05/13
ニュースレター第2号をアップしました
2014/04/21
賛助会員の募集について更新しました
2014/02/06
東京で「ワイルドライフマネジメント プレフォーラム」を開催します
2014/01/31
公益財団法人としての定款を掲載しました
 
2013/12/09
ニュースレター第1号をアップしました
2013/05/15
斜里町で講演会を開催します
2013/02/12
ホームページを暫定公開しました
2013/01/10
当財団設立に係る報道発表を行いました

↑  ページの上部へ

本 ホームページについて

公 益財団法人知床自然大学院大学設立財団ホームページは、当財団の活動に係る各種情報を広く発信することを目的として公開しています。

お 問い合わせ

本 ホームページ、当財団に係る各種お問い合わせは、以下事務局までお寄せ下さい。

■ 知床自然大学院大学設立財団 事務局

北 海道斜里郡斜里町青葉町28−10
TEL 0152-26-7770
FAX 0152-26-7773
E-mail:sizendaigaku@wine.plala.or.jp

ブログのバナー2

新パンフバナー

オンライン寄付サイト Give One

知床博物館
知床自然センター
羅臼ビジターセンター
知床財団